てんかんとグレープフルーツとパイロットについて

てんかんの病気をお持ちの方の場合、職業について、就きたい職業について、かなり制限されることがあります。

これはなぜか?というと、てんかんの病気をお持ちの方の場合、突然発作などで、倒れてしまうこと、意識がなくなってしまうこと、意識が混濁としてしまうこと、このような症状が出てしまうため、万が一、パイロットになった際に、このような症状が出てしまうと、乗客の方々が命の危険にさらされてしまう、このような恐れが大きくあるためです。

そのため、車の運転やバスの運転手、このような運転関係についても、制限などがあり、バスの運転手の仕事についても、上記のように乗客の安全が優先されるため、また同時に、運転をされるてんかんの方の命も危なくなってしまうため、このような仕事には就けないケースが圧倒的です。

時折、ニュースなどで事故などの報道がされてしまいますが、てんかんの症状が幼少から今まで、出たことがなかった方の場合に、このような仕事に就いてしまっており、そのために事故が起きてしまった、このような悲劇があります。

また、てんかんの方が、グレープフルーツを食べない方がよい、グレープフルーツを食べることを禁止されている理由としては、てんかんの患者さんに出される薬との相性が良くなく、一緒に服用をしてしまうと、体に悪影響が出てしまうことがあるからです。

これは、他のうつ病の患者さんが睡眠薬などを処方され、同時にアルコール、お酒類を飲むことを禁止されていることと同じことであり、薬との相性が悪い食べ物があることは事実です。

このような上記の理由があるため、てんかんの患者さんには、医師から、薬の飲むときの注意点として、上記の点が説明されます。