てんかんとランニングと右手について

ランニングをしている最中に、突然、てんかんの患者さんの場合、右手が震えてしまう、そしてまた、ランニング中に、突然、または日常生活を行っている最中に、突然、発作が起きてしまい、意識がなくなってしまう、そのまま転倒してしまう、このようなことがあります。

てんかんの患者さんの場合、例えば幼稚園や保育園、小学校や中学校でこのような傾向が見られた場合、保育士や学校の先生によって、慌てて病院に搬送され、そこで脳の検査などが行われることがあります。

そして、そこで漸く、てんかんを持っている、てんかんの患者さんであった、このようなことが分かるケースがあるものです。

そのため、上記のようなランニングなどを行っておらず、また運よく、ランニング中などに発作として、倒れるケースや意識を失うケースがなかった場合、幼稚園や保育園、学生時代に、このような出来事が起こらなかった場合、そのまま社会人となり、自分自身がてんかんである、このことに気づかないまま、就職などや結婚をされるケースもとてもたくさんあります。

右手などが震えることがあるのも、てんかんの症状であり、もしこのような症状があった場合には、医師に相談することや、幼少のお子さんの場合には、親御さんに相談し、診察を受け、その結果、診断としててんかんだということで、薬などが処方されることがあります。

転倒や意識がなくなってしまうことに関しては、上記のように、医師に診察を受け、そこで処方箋などをしっかりと合ったものを、もらうことで、また飲むことで、治るケースや、症状が良くなるケース、転倒などがなくなり、しっかりと日常生活を危険なく、過ごせるようにできるようになることがほとんどです。