てんかんと併用と精神科について

てんかんという病気は、脳の一部が障害を起こしてしまい、起こってしまう病気でありますが、てんかんの患者さんは、繊細で優しい方が多く、また同時に、一見しただけでは、軽い症状の方などの場合には、全くそのように病気があるとは分かりません。

むしろ、仕事に対して責任感などがあり、とても細かく仕事を頑張ってくれる努力家な一面があるため、社会人として働いていても、まったく違和感を感じさせないことがあります。

このてんかんの症状についてですが、突然に発作で倒れてしまう、意識が混濁としてしまう、意識が飛んでしまう、このように意識がなくなってしまうなどの、恐ろしい発作が出てしまうことがあります。

そのため、薬などを使って、このような症状が出ないように、精神科ではいろいろな薬が出されるパターンがありますが、同時に、精神科の医師は、なぜてんかんの患者さんがこのような症状になってしまったのか、説明してくれるケースがあります。

また、同時に、職場などの環境が悪い場合、パワハラなどが横行している職場では、てんかんの患者さんは強い不安感や、時には、信じられないくらいに暴力的になってしまうことがあり、これらの職場環境について、精神科の医師に話し、それから自分自身に合ったお薬と、環境を整えてもらうことが、治療をする上で、とても大切になります。

精神科で出される薬は、上記のような暴力的になってしまう症状などを抑えるために、いろいろな薬が併用されることがありますが、その場合、個人によっては、かなりだるくなってしまったり、眠くなってしまう、日中にぼんやりしてしまう、このような弊害が出てしまうことがあります。

そのため、自分自身に合った薬を探すことがとても大切になっています。